ボウリング場の「設備」

2018年6月1日更新

タイトル 見本画像

説明

ボウリング場の「ボウラーズエリア〜ファールライン手前」にあるもの

「アプローチ」へ

「アプローチ」へ

助走するファールラインまでの部分』です
合成は「ひざ」を痛めないように注意する必要があるそうです

「オートスコアラー」へ

「オートスコアラー」へ

スコアを自動で計算する機械』です
これによりボウリングが身近になりました

ボウリング場の設備「ボウラーズベンチ」へ

ボウリング場の設備「ボウラーズベンチ」へ

アプローチ手前の『イス』です
最近はいろいろな材質・種類が登場しております

ボウリング場の設備「ボールリターン」へ

ボウリング場の設備「ボールリターン」へ

ピンセッターから返ってきたボールを
手元まで戻ってくる機械』です

ボウリング場の「レーン」にあるもの

「リサーフェイス」へ

「リサーフェイス」へ

木のレーンで数年に一度レーンの表面を削り
レーンを生まれ変わらせる』作業

「ボウリングレーン」へ

「ボウリングレーン」へ

昔は「ウッド(松・楓)」で出来ておりましたが
最近では「シンセティック」が多くなりました

「レーンメンテナンスマシーン」へ

「レーンメンテナンスマシーン」へ

「レーンの表面を保護する油を塗布する為」に活躍する機械
昔はスプレーガンなどによる職人作業でした

ボウリング場の「ピンデッキ」にあるもの

「スタンプ」へ

「スタンプ」へ

補修(リサーフェイス)が終わったレーンを証明するもの』です
マスキング下・左側のレーン上に押してあるそうです

「マスキング」へ

「マスキング」へ

ピンセッターを目隠しするもの』です
いろいろな種類があり歴史を感じることが出来ます

「ボウリングピン」へ

「ボウリングピン」へ

ボウリングの主役』です
おもに「楓の木」にコーティングしたものです
1本の重さは1531g〜1645gです

「ピンセッター・ピンスポッター」へ

「ピンセッター・ピンスポッター」へ

自動でピンを立てる機械』です
昔は人の手によって行われていたそうです

「ピンデッキ」へ

「ピンデッキ」へ

ピンが立っている縦横約1メートルの場所』です
レーンがウッドでもここがシンセティックというところもあります
その他

「珍品」へ

「珍品」へ

ボウリング場で見つけた珍しい品物です
懐かしいものを中心に今後も探してまいります

お願い
ボウリング場の場内等の写真についてはボウリング場のスタッフの方にお断りをしてから撮影をしております
転載等はご遠慮下さいますようお願い申し上げます

「トップページ」へ